• HOME
  • 日本GAP協会について
ページ内リンク用(消さないでください)

ミッション・ビジョン

ミッション

ASIAGAP/JGAPの認証プログラムオーナーとしての活動を通じ、安心・安全・持続可能な農業の実現により、広く社会に貢献する。

ビジョン

  • 法令と社会規範を遵守し、公正、健全な活動を行う。
  • 健やかな社会を維持・発展させるための基礎である農業のあるべき姿をGAPの普及・啓蒙を通じて実現する。
  • GAPのプラットフォームとして国内外の関連組織と連携し、すべての機関にとり有益な活動を展開する。
ページ内リンク用(消さないでください)

ご挨拶

一般財団法人日本GAP協会(JGF)のウェブサイトにアクセス頂き、ありがとうございます。
私どもJGFの使命は、ASIAGAP・JGAPという2つの認証プログラムの管理、開発、運営を通じて、持続可能な農業の実現に尽力し、広く社会に貢献することです。
ASIAGAP・JGAPの基準書では、よき生産工程管理を実現する為の農場運営と同時に、今後、従前以上に真剣に取り組むべき大きな課題である食の安全、環境保全、労働安全、人権・福祉について、農場の皆様に満たして頂きたい事項を挙げています。
既に認証を取得されている、或いは今後の取得を検討されている高い志をお持ちの農場の皆に改めて敬意を表させて頂き御礼申し上げます。 また、当協会をご支援頂いている会員の皆様はじめステークホルダーの皆様にも厚く御礼を申し上げます。
私どもJGFは使命を果たす為、法令と社会規範を遵守し、公正、健全な活動を行います。
一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

ページ内リンク用(消さないでください)

理事会宣言2021

日本GAP協会 理事会宣言2021

(参考)2008年策定 基本方針と行動目標

組織情報

日本GAP協会

名称

一般財団法人日本GAP協会 Japan GAP Foundation

評議員

新福 秀秋(有限会社新福青果 会長)
中嶋 康博(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)
針原 寿朗(住友商事株式会社 顧問)

理事長

木内 博一(農事組合法人和郷園 代表理事)

代表理事専務

荻野 宏(一般財団法人日本GAP協会)

代表理事

栗原 眞(株式会社サタケ プラント事業本部推進室 室長)

理事

荒木 惠美子(東海大学海洋学部水産学科 客員教授)
岩元 明久(一般社団法人全国農業改良普及支援協会 会長)
佐藤 繁(岩手大学農学部共同獣医学科 名誉教授)
玉造 洋祐(株式会社ユニオンファーム 代表取締役)

監事

武田 泰明(特定非営利活動法人GAP総合研究所 専務理事)
柳岡 広和(一般財団法人日本アジア共同体文化協力機構 理事)

事務所

東京事務所
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番29号 日本農業研究所ビル 4階
TEL:03-5215-1112 (受付時間:平日9時~18時) FAX:03-5215-1113

韓国事務所
忠淸南道 論山市 夫赤面 南馬九坪路 27-7
ノルメインサム(営農組合法人)

会員数

273会員(2022年7月31日時点)

設立者(ファウンダー)

一般財団法人日本GAP協会設立者一覧

活動内容

1. ASIAGAP/JGAP認証プログラムの開発
2. ASIAGAP/JGAPの管理、運営
3. ASIAGAP/JGAPの普及、広報

定款

ページ内リンク用(消さないでください)

技術委員会

技術委員会は、ASIAGAPおよびJGAP認証プログラムの管理、運営に関する文書類の開発を目的としています。技術委員長および技術委員は理事会によって選任されます。2020年に委員の改選を行い、現在、認証プログラム部会、農産物部会、畜産物部会の3部会により構成されています。

ページ内リンク用(消さないでください)

沿革

テーブル装飾用(消さないでください)

2006年11月

特定非営利活動法人日本GAP協会設立

2007年11月

JGAPの第3者認証制度がスタート

2008年10月

日本GAP協会 基本方針及び行動目標 策定

2010年6月

JGAP青果物2010を発表(同年4月に発表された農水省「GAPの共通基盤に関するガイドライン」に対応)

2010年7月

JGAP認証の消費者向け表示を開始

2012年8月

日本GAP協会 理事会宣言2012 発表

2013年7月

JGAP英語版の発表

2014年7月

特定非営利活動法人日本GAP協会第9期通常総会において、財団法人日本GAP協会の設立と、同財団へのJGAPスキームの譲渡を決議
また、NPO法人日本GAP協会をNPO法人アジアGAP総合研究所(現GAP総合研究所)に名称変更することも決議

2015年1月

一般財団法人日本GAP協会が発足し、JGAP認証制度の運営を引き継ぐ

2016年5月

Basic及びAdvanceの2本立てとなる「JGAP2016」を発表

2017年3月

初の畜産のJGAPとなる「JGAP 家畜・畜産物」を発表

2017年7月

「ASIAGAP」を発表。ASIAGAPとJGAPの2つの基準に再整理

2018年10月

ASIAGAP(青果物、穀物、茶)がGFSIの承認を取得
※GFSI(Global Food Safety Initiative 世界食品安全イニシアティブ)

2022年1月

GFSIの最新版のベンチマーク要求事項を満たした規格として、ASIAGAPが引き続きの承認を取得

ページ内リンク用(消さないでください)

入会について

日本 GAP 協会が運営する認証プログラム(ASIAGAP / JGAP) に賛同いただける方を広く募集しています。農業生産者様をはじめ、食品メーカー・小売りメーカーなど食品業界の関わる多くの皆様にご入会いただいています。(会員数はこちら)

入会手続きの流れ

STEP1:申込書に必要事項をご記入ください。

STEP2:申込書を日本GAP協会宛にメール、FAXもしくは ご郵送ください。 約1週間後に請求書をお届けいたします。

STEP3:請求書到着後、請求書記載の銀行口座へ お振込ください。 (振込手数料はお客様がご負担ください。)

会員特典

当協会の会報及び GAP に関する最新情報の提供のほか、当協会が発行する基準書や広報物を会員価格で購入いただけます。 
そのほか、「JGAP 農畜産物使用ロゴマーク」使用料、イベント参加費の会員割引などもございます。詳細は「会費と会員特典について」をご確認ください。

※「会員」と「情報・購読会員」は特典の内容が異なります。

入会申込書

会員

農業生産者個人、農業生産者団体、食品関連企業・団体により申込書(会費)が異なります。該当する申込書をご利用ください。

情報・購読会員

当協会の会報及び GAP に関する最新情報の提供を受けられる会員サービスです。会員ロゴの利用、各種会員割引等は対象となりません。

ページ内リンク用(消さないでください)

事業料金表

ページ内リンク用(消さないでください)

公式広報物

会員、認証農場、指導員の方々に向けてASIAGAP/JGAPのパンフレットとポスターをご用意しております。
イベント等でご利用される方はお申込書をお送りください。
(ダウンロードも可能です)

JGAP家畜・畜産物広報ツール

JGAP家畜・畜産物に関する消費者向け広報ツールは全部で3種類あります。
認証農場の取り組みや、ロゴマークについてわかりやすく説明した内容となっております。
広報ツールはダウンロード可能となっておりますので、畜産物を販売される際などに、ぜひご活用ください。

農業とSDGsの関わりについて

チラシ(A4サイズ)

リーフレット(2つ折りA6サイズ)

POP(A7サイズ)

※チラシ、リーフレットをご希望の方は、申込書に必要事項をご記入のうえ、メールまたはFAXでお送りください。

ページ内リンク用(消さないでください)

アクセス

ページ内リンク用(消さないでください)

採用情報

募集要項

現在、以下の募集を行っております。

職種

JGAP/ASIAGAP認証プログラムに関する基準書開発

主な仕事内容

・畜産領域における基準書の開発

・研修資料の作成 等

求める人材

・社会人として畜産の現場経験3年以上

(畜産農場経験、畜産ヘルパー、畜産の生産指導等)

・獣医師、飼料販売経験、畜産用医薬品営業等

・当協会・JGAP/ASIAGAPの趣旨に強く共感いただける方

・協調性があり、前向きに業務を推進いただける方

雇用形態

正職員(試用期間有)

給与

資格・経験により応相談

諸手当

残業手当、通勤手当、役職手当

昇給

年1回(4月)

賞与

年2回(7月、12月)

勤務地

東京都千代田区紀尾井町

(麹町駅徒歩5分、永田町駅徒歩8分)

勤務時間

9:00~18:00(休憩1時間) ※残業:有

休日休暇

土・日・祝日、年末年始休暇、夏季休暇(3日間)

保険

各種社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

受動喫煙防止措置

事務所内禁煙

応募方法

履歴書、職務経歴書(顔写真添付、賞罰明記)をPDFで、採用担当(hr@jgap.jp)までお送りください。

選考方法

書類選考・適性試験・面接(2回予定)

お問合せ先

日本GAP協会 採用担当 e-mail:hr@jgap.jp