認証に取り組む2つの方法「(1)研修を受講し、ASIAGAP/JGAPを自ら学ぶ(2)指導員から指導を受ける 」のどちらかは認証をするために必ず必要でしょうか?

認証取得にあたり、『農場用 管理点と適合基準』の管理点2.3では「取組むGAPを十分に理解したものによる自己点検/内部監査」の実施を求めています。取組むGAPを十分に理解するために設けられているのが、研修です。
そのため研修を受講し、ASIAGAP/JGAPを自ら学ぶか、研修を受講し指導員になった者から指導を受けるかのどちらかが必要となります。