GAP(ASIAGAP/JGAP)について学びたいのですが、どのような方法がありますか?

基準書を見るだけでは実践が難しいかもしれません。

GAPについて学ぶには、このウェブサイトの情報を見るほかに次のような方法があります。

(1)GAPの研修を受ける
日本GAP協会公認の研修機関が、GAPを学ぶための研修を開催しています。
初心者向けの「JGAP指導員 基礎研修」、中級者向けの「現地研修」、生産者団体向けで団体内部監査員の要件に合致した研修となる「団体認証研修」、「ASIAGAP基礎差分研修」を用意しています。

詳しくはASIAGAP/JGAP指導員研修についてをご覧ください。

(2)(一社)全国農業改良普及支援協会のサイトを見る
(一社)全国農業改良普及支援協会のサイトには、「GAPの理解を深めたい」というページの中に、GAPの普及啓発動画があります。(https://www.jadea.org/houkokusho/gapkanrenundou/index.html)これは、農業者による国際水準GAPの実施及び認証取得の拡大を図るため、GAPが求められる背景、必要な取組、GAP認証の種類等わかりやすく説明している動画です。

他にもいろいろな情報が掲載されています。

(3)農林水産省のサイトを見る
農林水産省の「農業生産工程(GAP)に関する情報」(https://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/)には、多数の施策情報が掲載されており、大変有用です。