GAP アップデートフォーラム 2021

開催趣旨

ASIAGAPがアジアのGAP認証プログラムとして初めて世界食品安全イニシアティブ(GFSI)の承認を受けてから2年が経過しました。日本の標準的なGAPとして定着したJGAPとともに認証農場数を順調に伸ばす中、アジアへの普及に本格的に取り組もうとするところでコロナ禍に見舞われることとなりました。本オンラインフォーラムでは、そのような中での日本GAP協会の昨年から今年にかけての取組、SDGsや持続可能性に貢献するGAPの意義や消費者普及に関する最新情報、農林水産省補助事業によるアジア普及の取組や事例紹介等を行い、GAPに関する情報をアップデートします。

開催概要

[日 時] 2021年2月26日(金) 13時30分から16時
[場 所] オンライン開催 Zoomウェビナー
[主 催] 一般財団法人 日本GAP協会
[後 援] 農林水産省


プログラム

1.開会挨拶

松井 俊一  一般財団法人 日本GAP協会 代表理事専務

2.ASIAGAP/JGAPアップデート

荻野 宏  一般財団法人 日本GAP協会 事務局長

3.GAPの取組拡大と農林水産施策の新たな方向

横地 洋  農林水産省生産局 農業環境対策課 課長

4.【講演】国際水準GAPの意義と今後

中嶋 康博  東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授

5.【講演】消費者に向けたGAP普及の取組について

武田 泰明  NPO法人 GAP研究所 専務理事

講演のみの公開となります

6.ASIAGAP普及拡大支援事業の成果紹介

佐藤 仁   一般財団法人日本GAP協会 普及推進チーム マネージャー

7.ASIAGAP取組事例の紹介

①日本のSDGs達成への取組と機内食へのGAP認証食材の使用

土橋 剛  日本航空株式会社 機内食オペレーション室

⓶はねだ桃園におけるGAPの取組と輸出へのチャレンジ

羽根田 幸将  はねだ桃園代表

ページ内リンク用(消さないでください)

過去のシンポジウム等

ページ内リンク用(消さないでください)

海外調査

日本GAP協会 標準書式 (2013年作成)