2020年6月12日

第2回 産地リスク対策実証事業の公募(7月17日締切)

国内産地におけるGAPの取組の浸透を図る観点から、農作業事故等のリスクを低減する手法としてGAPの団体認証取得が有効であることを実証し、各産地に横展開することで、取組を広げていくことが必要となっています。

このため、本事業においては、GAPの団体認証取得を通じた産地リスク低減効果の実証に取り組み、団体認証を取得する実証地区(農業者等)を公募します。

なお、公募に基づく採択後に予算に残額がある場合であって、全国農業協同組合連合会、全国農業協同組合中央会又は都道府県から実証地区として提案があり、要件を満たす場合は、公募期間外に実証地区として応募することが可能です。

募集の詳細と応募ページへのリンク

☆募集期間
令和2年6月12日(金)~令和2年7月17日(金)

事業実施主体は、一般社団法人全国農業改良普及支援協会です。上記のリンクから事業の概要や支援内容をよく確認頂き、所定の様式に基づいて申請を行って下さい。