ASIAGAP審査員について

ASIAGAP審査員とは、日本GAP協会公認の認証機関の管理の下で、農場および団体のASIAGAP審査を行う方々です。ASIAGAP審査員はJGAP審査を担当することもできます。

ASIAGAP審査員には、次の3つの段階があります。

  1. 上級審査員
    ひとりで農場の審査ができる。
    ひとりで団体事務局の審査ができる。
  2. 審査員
    ひとりで農場の審査ができる。
    上級審査員立会いのもと、団体事務局の審査ができる。
  3. 審査員補
    上級審査員または審査員立会いのもと、農場の審査ができる。

ASIAGAP審査員になるための要件や規則については下記の文書に定められています。

注)総合規則記載の
・ASIAGAP 農場用管理点と適合基準 解釈研修は、JGAP指導員基礎研修+ASIAGAP基礎差分研修と読み替えます。
・ASIAGAP 団体用管理点と適合基準 解釈研修は、団体認証研修と読み替えます。
・ASIAGAP 審査員研修はJGAP審査員研修と読み替えます。

ASIAGAP審査員になるための手順

ASIAGAP審査員になるには、

ASIAGAP審査員補 → ASIAGAP審査員 → ASIAGAP上級審査員

の順でステップアップする必要があります。

ASIAGAP審査員になるための手順はロードマップをご覧ください。

JGAP審査員からASIAGAP審査員への移行を希望する場合、JGAP審査員・上級審査員であってもASIAGAP審査員補から手続きを進める必要があります。

ASIAGAP審査員申請書

ASIAGAP審査員には、以下の申請書があります。
申請内容をご確認の上、以下の送付先にお送りください。