ASIAGAP/JGAP導入手順

「個別認証」と「団体認証」

ASIAGAP/JGAPは農場管理・団体管理の仕組みであり、認証制度です。認証を受けるのは、農場または団体になります。
農場とは、個人農家(個人事業主)や農業生産法人など、一つの農業経営体をいい、団体とは、団体事務局を中心とした複数の農業経営体が集まった団体や、複数の農場を管理している企業などをいいます。

農場が受ける認証を「個別認証」と言います。
団体が受ける認証を「団体認証」と言います。

個別認証 ~個人(一経営体)でASIAGAP/JGAPに取り組む場合~

現状把握

ASIAGAP/ JGAPの理解

1「ASIAGAP/JGAP 農場用 管理点と適合基準」を入手します。
適合基準の内容について、できている部分とできていない部分を把握します。

※認証取得のために必要な条件
→ASIAGAP 農場用 管理点と適合基準
→ JGAP 農場用 管理点と適合基準

該当する必須項目に100%適合
該当する重要項目に95%以上適合
(ASIAGAPVer.2.2は85%以上適合)

審査から
3ヶ月以上前

2「ASIAGAP/JGAP 農場用 管理点と適合基準」に基づく手順を構築し、運営します。
その際、帳票を揃え、運営の記録を残します。

ステップ1~5を繰り返しながら改善を図っていきます

ステップ1:農場内の責任分担の明確化
ステップ2:生産環境の確認とリスク検討
ステップ3:「農場管理の作業手順」づくり
ステップ4:ルールの周知徹底と従業員教育
ステップ5:記録と検証と自己点検

申込

3審査申込み

※審査費用は、農場規模や作物数などによって異なります。
各認証機関へお見積の上、認証機関をお選び下さい。
→認証機関一覧

審査当日

4審査

管理点は全て審査され、それぞれの結果が「適合」「不適合」「該当外」のどれかに決定されます。

審査後
4週間以内

5不適合項目を直します
不適合の指摘を受けた項目をなおし、是正報告書を認証機関へ送付します。

判定

6審査の判定

認証機関が判定を行い、合格基準を満たした農場にASIAGAP/JGAP認証書が与えられます。

団体認証 ~団体でASIAGAP/JGAPに取り組む場合~

現状把握

1現時点において団体で共有しているルールを確認します

方向性の見極め

2団体事務局と各農場の役割分担の明確化

「ASIAGAP/JGAP 農場用 管理点と適合基準」について、どの管理点を団体事務局が担い、どの管理点を農場が担うかを決めます。

ASIAGAP/JGAPの理解

3団体・農場管理マニュアルの構成決定・目次作り、ASIAGAP/JGAP管理点との対比表作り

「農場用 管理点と適合基準」及び「団体事務局用 管理点と適合基準」に基づく団体・農場管理マニュアルを作成します。
(1)で確認したルールを基準に合うように変更し、これまでルールがなかった項目については新たに設定します。

※認証取得のために必要な条件

審査から3ヶ月以上前

4「ASIAGAP/JGAP農場用 管理点と適合基準」、及び「ASIAGAP/JGAP団体事務局用 管理点と適合基準」に基づく「農場管理マニュアル」を作成した上で、手順(団体のルール)を構築して運営します。
その際、帳票を揃え、運営の記録を残します。

ステップ1:団体・農場管理マニュアルの配布、実行、周知徹底
ステップ2:内部監査計画と準備
(内部監査員・内部監査補佐役の選定、内部監査チェックリストの作成、監査の目揃い)
ステップ3:内部監査の実施 (農場・団体事務局)
ステップ4:内部監査指摘項目の是正
ステップ5:是正の確認

申込

5審査申込み
※審査費用は、団体規模や品目数などによって異なります。
各認証機関へお見積の上、認証機関をお選び下さい。
→認証機関一覧

審査当日

6審査

事務局と構成農場の審査が行われます。管理点は全て審査され、それぞれの結果が「適合」「不適合」「該当外」のどれかに決定されます。
構成農家の審査はサンプリングとなります。(農家数の平方根で小数点切上げた数以上)

審査後4週間以内

7不適合項目を直します

不適合の指摘を受けた項目を直し、是正報告書を認証機関へ送付します。

判定

8審査の判定

認証機関が判定を行い、合格基準を満たした団体に認証書が与えられます。