ASIAGAPとJGAPの違い

JGAPは2005年にスタートし、既に多くの関係者の支持を得ている日本の標準的なGAP であり日本の農業生産者にとって必要十分な内容を備えています。
ASIAGAPはJGAPの内容に加えGFSI要求事項を追加したGFSI 承認の国際規格としてアジア共通のGAP のプラットフォームとして位置づけ展開することを目指しています。

ASIAGAPとJGAPの関係概念図

※GFSIについて
GFSI(Global Food Safety Initiative:世界食品安全イニシアティブ)は、世界中の消費者に安全な食品を届ける上で、確かな信頼を築くため食品安全マネジメントシステムの継続的改善を図ることを目的に、世界的に展開する食品関連企業・団体が参加する非営利団体です。主な活動の一つに、食品安全認証プログラムの承認があります。