Home >> JGAPを導入したい 認証を取りたい >> JGAP取組宣言    
 

 

 

JGAP取組開始を宣言したい

JGAP取組宣言とは

JGAP認証に向けた第一歩を踏み出しやすく!
JGAP取組宣言とは、JGAP認証を取得していない農場・団体が、JGAP認証を取得することを目指し、JGAPの取り組みを開始したことを自ら宣言する制度です。
(注:JGAP取組宣言をせずに、JGAP審査・認証に取り組むこともできます。)



JGAP取組宣言 規約・宣言書


文書名
PDFファイル
Wordファイル
JGAP取組宣言の規約
PDFアイコン
-
JGAP取組宣言書(個別導入)
PDFアイコン
wordアイコン
JGAP取組宣言書(団体導入)
PDFアイコン
wordアイコン
JGAP青果物2016用団体責任分担表
JGAP青果物2010用団体責任分担表PDF
JGAP青果物2010用団体責任分担表excel
JGAP穀物2016用団体責任分担表
JGAP穀物2012用団体責任分担表pdf
JGAP穀物2012用団体責任分担表excel
JGAP茶2016用団体責任分担表
JGAP茶2012用団体責任分担表pdf
JGAP茶2012用団体責任分担表excel
団体導入用農場一覧
団体導入用農場一覧pdf
団体導入用農場一覧excel
団体導入用施設一覧
団体導入用施設一覧pdf
団体導入用施設一覧excel



JGAP取組宣言 宣言書提出までの流れ(無料)


提出までは2ステップだけ。すぐに取り組むことが出来ます。

① JGAP指導員とともに自己点検を実施する

矢印

・JGAP指導員とは
JGAP指導員とは、JGAPを導入しようとする農場やJA等の生産者団体に対して、その指導や相談を受ける方々です。2013年4月末現在4,737名のJGAP指導員が全国で活躍しています。

  >>JGAP指導員を探す (新しいタブ、もしくはウィンドウが開きます)
  >>JGAP指導員になる (新しいタブ、もしくはウィンドウが開きます)


・自己点検とは
自己点検とは、基準書をもとに自ら農場の点検を行うことです。JGAP認証を取得するには、該当する必須項目に100%適合、該当する重要項目に95%以上適合する必要がありますが、JGAP取組宣言では、不適合あっても構いません。まずは、指導員とともに農場の現状を把握します。

  >>JGAP基準書を手に入れる (新しいタブ、もしくはウィンドウが開きます)

 

②JGAP取組宣言書を自己点検結果とともに協会へ提出する

矢印

・JGAP取組宣言書とは
JGAP取組宣言とは、自己点検を実施し、JGAP認証取得することを自ら宣言することを記した書類です。宣言書には「JGAP審査を受ける目標時期」を記入し、認証取得に向けて一歩を踏み出します。

  >>JGAP取組宣言書を手に入れる (このページの上部に飛びます)

 

協会は、取組宣言書を確認後、農場番号を発行し、JGAP取組宣言書の写しを返却します(無料)。
宣言書の写しが届いたら、皆さんは「JGAP取組開始農場・団体」です。

矢印

JGAP取組開始農場・団体は日本GAP協会のホームページで公開します。

  >>JGAP取組開始農場検索システム (ただいま準備中です)

JGAP取組宣言の有効期間は2年です。
JGAP取組宣言書に記載した「JGAP審査を受ける目標時期」までに審査が受けられるよう、自己点検の結果をもとに農場運営を改善します。

JGAP取組宣言の有効期間が過ぎると取組宣言は取り消されます。また、取組宣言が取り消された場合、再びJGAP取組宣言することを1年間は禁止します。ただし、その状態であっても、JGAP審査を受け、認証を得ることはできます。

 

JGAP審査・認証

 

ページトップに戻る