Home >> 日本GAP協会について >> 会員部会
 

農薬・肥料・資材部会

輸出部会

IT・標準帳票部会

農業経営・金融部会

分析・放射能部会

 

会員部会

農薬・肥料・資材部会

日本GAP協会「農薬・肥料・資材」部会とは

・IPM実践道場を開始します。

 IPM実践道場とは、農場のJGAP取組・指導の一環として、既存の農場の防除計画をIPMの視点から設計し直し、実践し、その効果を測り、これら一連の取り組み実例を会員・JGAP認証農場・JGAP指導員などを中心に社会全体で共有しようという試みです。

・コーディネーターとなるJGAP指導員を募集いたします。
 詳しくはこちら(ワード版pdf版

・参加企業を追加募集いたします。 
 詳しくはこちら(ワード版pdf版

 

会合名 開催日時 開催場所
議題
ご案内と申込み
(PDF・Word)
第一回会合 2012年7月25日(水)
14:00 ~ 17:00
日本GAP協会
(東京都千代田区)
①JGAP に取り組む農場が抱える「農薬・肥料・資材」面の課題と解決策の審議

②JGAP やIPMの指導方法の検討

③JGAP 基準「農薬・肥料・資材の部分に関する審議」および技術委員会への提言

④今後の農薬・肥料・資材部会の進め方に関する審議

受付終了しました
第二回会合 2013年2月21日(木)
14:00 ~ 17:00
科学技術館
(東京都千代田区)
①講演&ディスカッション:「農薬メーカーがGAP 普及を推進する理由」仮
巻渕 進様(バイエルクロップサイエンス株式会社マーケティング部)
橋本省三様(JGAP 上級審査員/バイエルクロップサイエンス株式会社)

②講演&ディスカッション:「IPM を見直そう!IPM における物理的防除資材」仮
広本直樹様(全国農業協同組合 生産資材部 資材課)

③第2 回 農薬・肥料・資材部会:IPM 実践道場について(※1)
※1 部会を公開いたします。どなたでもご参加できます。

第二回会合案内PDFファイル
受付終了しました
第三回会合 2014年4月18日(金)
14:00~16:30
日本農業研究所
1階会議室
(東京都千代田区)
①IPM実践道場の説明

②IPM実践道場の参加希望農場・企業の自己紹介

③IPM実践道場の参加希望農場・企業の役割分担・スケジュールの検討
参加申込書
第二回会合案内PDFファイル
受付終了しました

IPM実践道場 企業募集のご案内
第二回会合案内PDFファイル
受付終了しました

ページトップに戻る

 

輸出部会

日本GAP協会「輸出」部会とは(PDF)

第2回「輸出」部会 報告・写真(PDF)

 

会合名 開催日時 開催場所
議題
ご案内と申込み
(PDF・Word)
第一回会合 2012年4月20日(金)
14:00 ~ 17:00
日本GAP協会
(東京都千代田区)
①JGAP 認証農場の輸出拡大に向け、その方策に関する審議

②香港マーケットにおけるJGAP 普及の作戦会議

③JGAP 認証農場の海外進出(海外生産)に向け、その方策に関する審議

④今後の輸出部会の進め方に関する審議

受付終了しました
第二回会合 2012年12月10日(月)
9:30 ~ 15:30(視察)
15:30 ~ 18:00(会議)
香港日本人倶楽部
(CAUSEWAY BAY, 香港)
①日本米の輸入・精米・販売「久保田米業(香港)有限公司」視察

②香港小売店(ウェルカムショップ、シティースーパー等)視察

③日本米おむすびチェーン店「華御結(百農社国際有限公司)」 視察

④輸出部会@香港日本人倶楽部
(1)香港における日本産米の状況
(2)輸出用の日本産米 生産から輸出入まで実例の詳細報告
(3)香港におけるJGAP 普及のための戦略(イチゴ、トマト等)

受付終了しました
政策提言 2013年10月 提出先:
規制改革会議
内容:新規需要米(輸出用)の生産調整の取り組みの不具合
PDFファイル
台湾向け輸出と現地生産候補地 視察ツアー 2015年1月11日から16日 台北・台中・嘉義県・台南 ツアーのポイント
①台湾マーケット 徹底研究!
輸出と現地生産
②日式管理JGAPによる台湾現地生産の可能性を探る!
③台湾で生産し、香港・東南アジアマーケットを狙う!
PDFファイル
ご案内


お問い合わせ

ページトップに戻る

 

IT・標準帳票部会

日本GAP協会「IT・標準帳票」部会とは(PDF)

日本GAP協会 標準書式「栽培情報」/「商品紹介」(ページへリンク)

・野村総合研究所 IT・標準帳票部会 第三回会合 報告
「情報流通連携基盤の生鮮農産物トレーサビリティ情報における実証事業 」(PDF)

 

農業生産者と流通企業間の
ペーパーワークを削減!
標準書式「栽培情報」・「商品紹介」をリリース
総務省「情報流通連携基盤の生鮮農産物
トレーサビリティ情報における実証に係る
請負」事業の報告
パネルデザイン
(クリックで拡大)
パネル標準帳票
パネル生鮮農産物実証実験

 

会合名 開催日時 開催場所
議題
ご案内と申込み
(PDF・Word)
第一回会合 2012年9月27日(木)
14:00 ~ 17:00
日本GAP協会
(東京都千代田区)
①JGAP の基準をベースとした栽培情報(使用農薬等)をやり取りする共通の書式
の開発に向けて、意見交換

②今後のIT・標準帳票部会の進め方に関する審議
PDFアイコン
受付終了しました
第二回会合 2013年1月16日(水)
14:00 ~ 17:00
日本GAP協会
(東京都千代田区)
① 特別栽培基準に関する勉強会
■講師(予定)
農林水産省 消費・安全局 表示・規格課 有機食品制度班
・特栽基準とはなにか。どのように計算するのか。
・特栽基準の元になる慣行基準とはなにか。県毎の違い。
・特栽基準とは生産者・消費者にどのような意味があるのか。
・GAP と特栽基準の関係について。

② JGAP 標準帳票(案)の説明と審議
PDFアイコン
申込書+帳票見本
(受付終了しました)
第三回会合 2013年3月19日(火)
14:00 ~ 17:00
日本GAP協会
(東京都千代田区)
① 日本GAP 協会・標準書式「栽培情報」の最終案のご説明と審議

② 話題提供「JGAP 認証農場におけるデータ収集・管理・活用について」
若林勝史 ((独)農研機構 北海道農業研究センター)

③ 「情報流通連携基盤の生鮮農産物トレーサビリティ情報における実証」事業の紹介
(株)野村総合研究所
PDFアイコン
申込書+帳票見本
(受付終了しました)

ページトップに戻る

 

農業経営・金融部会

日本GAP協会「農業経営・金融」部会とは(PDF)

・(独)農研機構 総合企画調整部・研究戦略チームによる研究報告
「JGAP導入で農業経営がどのように改善されるか?」(PDF)

・(独)農研機構 北海道農業研究センター・水⽥作研究領域・経営グループによるアンケート調査 結果報告
「GAP導入による経営改善効果に関するアンケート調査」(PDF)

 

会合名 開催日時 開催場所
議題
ご案内と申込み
(PDF・Word)
第一回会合 2012年11月15日(木)
14:00 ~ 17:00
日本GAP協会
(東京都千代田区)
①JGAP 導入で農業経営がどのように改善されるか?
講演:「GAP を活用した農場生産工程管理の実態と効果」
田口光弘((独)農研機構・研究戦略チーム・主任研究員)
*講演後にディスカッションも行います。

②JGAP 認証農場向け資金調達に関する相談窓口サービスの検討

③今後の農業経営・金融部会の進め方に関する審議
PDFアイコン
受付終了しました

ページトップに戻る

 

分析・放射能部会

会合名 開催日時 開催場所
議題
ご案内と申込み
(PDF・Word)
プレイベント 2012年2月9日(木)
10:00 ~ 11:30
日本GAP協会
(東京都千代田区)
①ウクライナでの低線量被曝研究。そこからみた今回の事故の影響について。

②ウクライナの食品管理システムについて。日本での応用について。

③ウクライナの農業・除染について。日本での応用について。

④測定機器の規格統一化について。

※その他、参加希望の方は事前に議題をお寄せ下さい。
PDFアイコン
受付終了しました
第一回会合 2013年5月10日(木)
14:00 ~ 17:00
剛堂会館
(東京都千代田区)
地図はこちら
① <話題提供>農産物中の放射能の非破壊検査の最前線
日本GAP 協会 放射能 特任担当 黒河内伸

② <ディスカッション>堆肥中のO-157 の検査方法の問題点と標準法の確立
食の安心安全推進国際センター機構 事務局長 山形一文

③ 分析・放射能部会 今後のテーマ決定と、部会長の決定
PDFアイコン
受付終了しました

ページトップに戻る